読者に刺さる広告を

講談社の各ウェブメディア読者の記事閲覧データを基に、独自に開発したAIによって閲覧記事の傾向から趣味趣向を指数化し、読者の「オタク」度合いを解析。リアルタイムで読者属性に合致した広告配信をすることで、読者の消費行動とマッチした広告訴求を実現。

OTAKADとは

コンテンツデータを応用した独自ロジック

性別、年齢などの属性情報では届かない生活者に対し、「オタク性」のあるセグメントに広告を届けます。出版社が蓄積したコンテンツビジネスにおけるビッグデータと、コンテンツを理解するAIが、これまで以上に費用対効果の高い広告配信を可能にします。

読者の潜在的なニーズの発見
広告配信結果から読者の「オタク性」をレポーティングします。
コンテンツデータや読者の記事閲覧データを掛け合わせ、読者の行動と広告配信の関係性を可視化し、ターゲットの整合性や今後のマーケティング活動に参考となる情報をレポートで提供します。
多彩なパッケージ商品
出版社独自の自社運営メディアとのコラボレーションパッケージを多数ご用意。特定メディアでの連載企画や漫画を活用したクリエイティブ・ランディングページ制作も行っております。

主な広告配信先

講談社が運営する質の高いメディアを通じて、能動的に講談社が提供する記事を読みに来ている
情報感度の高い読者に対してのみ、広告配信を行います。

最新情報はこちらから

これは編集画面用のサンプルです。

「プレビュー」から実際の見た目をご確認ください。